Welcome to my blog

MIMONO

実ものと鉢のセレクトショップ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 珪藻土リフォーム🐚

こんばんは🐈ネコキャットです。


熱中症とはどんなものなのか?


夏生まれだからなのか、


まだ経験したことのない私。


炎天下の中、自家製ドラム缶で


廃材焼却を試みた。


3時間近く炎を調節したり、


枝木を切ったりしてみたが、


ちょっとクラクラしただけ。


熱中症。。


どんななのかなぁ?


疑問と汗まみれのTシャツだけが


残った。




さて。


今日は家の中の作業です。


前回、『和』風を払拭するため、


襖の細工貼りを紹介しましたが、


今回は塗り壁の施工です。




養生をしっかりしておくと


作業が捗るので




細かいところまで時間をかけて◡̈




前回は店舗部の施工だったので


清潔感を出すため白の塗り壁でしたが、


今回は完全プライベート空間🎶


色をつけてみます◡̈




色の配合も練りも今回は自分で。


練り作業は人力では大変なので


かくはん機を利用。


施工を依頼している岡徳工務店さんに


無理言ってお借りしました🙏🏻




『バァウゥゥ~ゥンー!』


自分の好みの固さになるまで


水を入れて調整します☝🏾️


ゆるすぎると塗りつける時に


垂れてしまうので注意⚠️




一面だけ塗ってみました◡̈


元の壁の色は茶色。


古壁を手で触ってボロボロと崩れたり、


シミがある場合は、


珪藻土を塗る前にシーラー(下地材)


を塗布してください。


この壁は崩れはしないのですが、


25年ものということで、シーラーを


1度入れています◡̈




壁を1日かけて塗り塗り。


Before         ▶️           after




次回は畳をリニューアル◡̈



関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。